日本とケニアの絵を通じた国際交流

      2016/08/04

 

img096

この度ケニアへ行くに当たって下記の国際交流を企画する事に致しました。

「平和の絵」、「不要なお絵かき道具」募集中!
~日本とケニアの文化交流を絵を通じて楽しんで見ませんか?~

ケニアの子どもたちにプレゼントする平和の絵を募集しています。
この企画はシリーズ的企画で、その度に絵のテーマを決めて公募しています。
第1回目は『ぼく、わたしはこんな場所で生活している』

また、もし家であまっている色鉛筆、クレヨン、クーピーなどありましたら譲っていただけませんか?

どちらもケニアの子供達にお渡しします。
(ケニアの子供達の描いた絵については日本での展示も予定しております。)

ご応募いただいた方には、ケニアでの反響の写真を添えて素敵なお土産をプレゼントいたします!

○目的
子供の目って本当に大人の思っている以上に純粋なんです。
だから子供を通じて日本と遠い国の開発途上国の子供達との生活や文化、考え方、感性がどう違うのか、お互いの国どおしで絵を通じて感じて、理解しあい、お互いの国で生活にどう生かしていけるのかを子供と一緒に考えてましょう!
さらにそれは、環境保護、国際平和などにもつなげたいという思いから企画しました。

○応募内容
・絵について
ケニアの子供達の日常とくらべあいこしてみませんか?
私達はどんな場所で生活しているのかな?
その中にたくさんの建物、自然、友達、家族など、いろんなものに囲まれて暮らしている。
あなたの周りの日常がわかるものを描いてみよう!

紙の大きさ、絵を何で描くのか等は自由です。
●絵の題名 ●どう思いながら絵を描いたか?もお書き添え下さい。

○お絵かき道具
ご家庭で余っている色鉛筆、クレヨン、クーピー等、プラスチックゴミにならない物を集めています。
ケニアの多くの子供達は色のついたもので絵を描いたことはありません。
そんな子供達が絵を描くようになったらどんな絵を描くんだろうね?
是非、ケニアの子供達の想像力の可能性にチャンスを差し伸べる力添えをよろしくお願いいたします。

○対象
中学生以下
これは、ケニアの小学校では日本の様に年齢が同じ友達が同じ学年とは限らず、同じところで違う年の友達が一緒に勉強しているから、対象はアバウトにしています。

○送り先
●氏名 ●年齢 ●性別 ●住所 ●連絡先をお書き添えの上下記住所までお願いいたします。
住所   〒731-5125
広島県広島市佐伯区五日市駅前2-15-17
Rafiki(ラフィキ)
絵を通じた国際交流係 宛
まで、お送り下さい。(個人情報保護法に則り取り扱わせて頂きます)
※ご連絡先などのお書き添えがない場合、ケニアからのお土産などをお渡ししかねますのでご了承下さい。

公募期間 2008年 5月23日

☆個人情報
(こちらにつきましては年齢と性別、と共に一般公開させていただく可能性がございますので御了承下さい。また、それらについて控えておきたい方は備考としてお書き添えをお願いいたします。

CUTEDBECOME

尚、会員参加費で上げられた利益は砂漠の植林や開発途上国の学校支援に活用させていただきます!

 - 絵を通じた国際交流